1. ホーム
  2. コラム
  3. 今転職するならこの業界!評判の良いおすすめ業種を紹介

今転職するならこの業界!評判の良いおすすめ業種を紹介

今転職するなら転職

2020.05.12

2020年が始まり間もなくして、世界ではコロナウイルスの足音が聞こえてきました。
そして感染者は1万人10万人と、猛威を振るうスピードで拡大し、あっという間に日本に上陸。
東京オリンピックの延期や、緊急事態宣言でのリモートワークなど私たちは外出の自粛を余儀なくされており、全ての人々の生活や仕事に大きな大混乱を招いています。

また、人材採用においての影響も凄まじく、面接や説明会の延期・中止をする企業や、既に春から入社予定だった新卒者の内定取り消しなども余儀なくされています。
ただ、全ての企業が採用をストップしているという訳ではなく求人を募集している企業もたくさんあります。

そこで今回は、前例のない新型コロナウイルスの状況下から見えてくる
終息後の働き方や、目を付けておきたい業界・職種を紹介します。今転職するならどの業界が良いのでしょうか?

外出自粛をして家に居る時間が多いこの時だからこそ、自分の未来の為にしっかりと準備を行いましょう。

アフターコロナでは「市場価値」を意識し高めていくことが重要!

市場価値とは、「企業からどれだけ必要とされる人材なのか」ということです。
つまり、あなたをモノ(商品)とした時に世の中から見たあなたの“価値”を表しています。

市場価値を高めることで、企業からみたあなたは「実力がある人」と認識されアフターコロナの就職活動においても屈することなくスムーズな就職・転職が行えるでしょう。
また、市場価値を高めることで同じ会社に固執することなく働く場所も柔軟に選べるようになります。
さらに、ノマドワーカーとして場所や時間に縛られず自由にひとりで働くことも容易でしょう。

市場価値を高める方法

市場価値を高めるには、単純にスキルアップを目指せば良いということではありません。
狙っている転職先の業界や企業のニーズを把握したり、あなたの狙うポジションを明確に目標付けて、それを攻略するためにスキルを積んでいくことこそがあなたの市場価値を高めるものとなるのです。

アフターコロナでは、このような市場価値が高い人(実力があり成果を出せる人)がこれまで以上に評価されるポイントとなるでしょう。

今転職するなら『IT・Web業界』がおすすめ!その理由とは?

IT・Web業界イメージ画像

ひとことで言うと、情報処理を目的として技術全般を扱っているのがIT・Web業界です。
職種は幅広く、WebデザイナーやWebディレクター、システムエンジニア、プログラマー、サイト運営など様々あります。

IT・Web業界はインターネットを通して、日本だけでなく世界中と繋がることができる為、アフターコロナで最も加速している業界と言えるでしょう。
また、スマートフォンの普及によりWebサービスを使わない日は無いほど私たちの生活に欠かせない存在になっていますよね。

そして、多方面での出会いが多くビジネスチャンスにおいて無限の可能性を秘めていること、自分自身のスキルアップや手に職を付けることができるという側面から見ても、就活生にとって人気度の高い業種だったと思います。

平均年収としては446万円(doda:2019年IT業界の平均年収調査)と日本人の平均年収408万円(doda:2019年日本人の平均年収調査)と比べて高いことからも注目されている業界なのです。

今やトヨタ自動車もユニクロも、ただの製造業や製造販売業ではなくITに力を入れている情報技術を用いた製造業、製造販売業といえます。
コンビニエンスストアにおいても、売れた商品がリアルタイムでデータ化・記録のできるPOSシステムの導入によって販売予測を行っているなど仕入れの仕組みが確立されています。
また、売上の上がる商品や逆に人気のない商品をデータ分析することでマーケティングにも活用しているのです。

さらに、AIやVR・ARといった先端技術の実用化など、新しいサービスや技術が続々と生み出されています。

このように日々進化・成長し続けているIT・Web業界への転職は、業務内容や職種によって必要なスキルが異なる分野である為、転職には入念な情報収集と勉強が必要です。
とはいえ、未経験者でも勉強すればできる仕事が多く、手に職が就く業界なのでこのアフターコロナという機会に勉強してみるのもいいかもしれません。

IT・Web業界でおすすめの職種5選!

おすすめイメージ画像

アフターコロナの今転職するなら間違いなく、「IT・Web業界」です。
では、具体的におすすめしたい職種をいくつか紹介していきます。

Webデザイナー

Webデザイナーは、良質なWebサイト制作においてとても重要な『デザイン』を専門に扱っている職種です。
クライアントが思い描くWebサイトを制作出来るように、全体の構成やサイトデザインを構築していくのですが、そのデザインの良し悪しでサイトの美しさや使いやすさ、更にはサイトを通じて得られる成果にも大きく影響するほど、重要な役割を持っています。

<必要なスキル>

Webデザイナーになるには、特別な資格や経験は必要ありません。
その為、未経験でも知識とスキルを学べば転職することができます。

最低限必要な知識としては、Webサイトのデザインや構成をする際に必要となる「HTML」や「CSS」に関する基礎知識です。

Webディレクター

Webディレクターとは「Webディレクション」のこと。Webサイトを制作する際のプロジェクトの指揮者としてSE(システムエンジニア)やWebデザイナーやライター、プログラマーなど制作スタッフを取りまとめて、スムーズな進行を促すリーダー約を担っています。

つまり、Webコンテンツ制作における進行管理者です。

スケジュールの進行管理から始まり、コンテンツの品質管理、制作メンバーの選定、クライアントと制作メンバーの橋渡しを行い、時にはWebプランナーとして企画書作成や取材なども行っています。

「プロジェクトの進行管理者」というとても重要なポジションに位置しているため、簡単にこなせる仕事ではありませんがWeb業界の経験と知識が十分に見に付くのでキャリアアップ志向の人へおすすめしたい職種です。
また、意欲がある人ほど、高収入が見込める職種でもあります。

<必要なスキル>

Webディレクターにおいても、特に資格は必要ありません。
しかし、リーダーシップ力やコミュニケーション力、スケジュール管理能力などのスキルが求められます。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、Webブラウザ側において設計や構築を行っている技術者です。
ユーザーがWebサイトを開いたとき、直接触れる表側(フロント)の部分を担当しています。

Webデザイナーが設計したデザインを元にしてHTML、CSS、JavaScriptの実装をするのが主な仕事内容です。しかし、企業によってはデザインやディレクションに関わることもある為、そういった幅広い活躍が期待される職種でもあります。

<必要なスキル>

フロントエンドエンジニアになるには、最低でも「HTML」「CSS」を用いたWebサイト制作ができるスキルが必要になります。
他にも、デザイナーが設計したデザインを如何にして忠実に再現できるかというコーティング技術も備わっていることが望ましいです。
また、表現の幅が広がる「JavaScript」や「Ajax」「jQuery」などのライブラリーについての知識もあると有利です。

このように、フロントエンジニアは担当する範囲が幅広いことから求められるスキルも多く、新たなサービスや技術が誕生する度に勉強していかなければならないといった大変さもありますが、そういったことも苦にならないチャレンジ精神のある人が向いている職種といえます。
仕事が大変な分やりがいも大きく、一つのプロジェクトに対しての達成感も十分に感じられるでしょう。

バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアは、フロントエンドエンジニアとは真逆で、データベースやサーバーのシステム構築などのサイトを利用するユーザーの目に見えない裏側(バックエンド)の部分を担当しています。

仕事内容は主に「データベースの構築」「サーバーの構築」「システムの開発、運用」の3つに分類されますが、他にもプログラム開発といったWebコンテンツ制作における裏方の仕事を幅広く担っているWebの技術者といえます。

<必要なスキル>

バックエンドエンジニアになるには以下のスキルが必要です。

  • サーバ、データベース構築の知識
  • プログラミング言語の知識(PHPPythonRubyなど)
  • システムの開発、運用の知識

資格としては「PHP技術者認定試験」「Oracle認定Javaプログラマ」「Linux技術者認定試験」を有していると知識やスキルの証明となりバックエンドエンジニアの仕事をするうえで強い味方になるでしょう。

また、特に情報に敏感で、自分自身でも学ぼうという意欲のある人はバックエンドエンジニアに向いており、経験やキャリアを積んでいくことで高収入を得られる職種といえます。

Webオペレーター

Webオペレーターは、デザイナーやエンジニアによって制作され完成したWebサイトを運用・管理する職種です。
例えばホームページの情報更新やサイトに不具合・トラブルが生じた時の対応、お客様からの問い合わせ対応など、Webサイトを運営するうえで欠かせない役割を担っています。

一般的にはWebディレクターの指示に従い業務を行っているので、Webディレクターを将来的に目指す人にとっては、積極的に携わると有利な職種といえます。

<必要なスキル>

Webオペレーターになるために特別な資格は必要ありませんが、Webサイト作成に関する基本的な知識は持っておきましょう。
基本的なPCスキルの他に、WordpressのようなCMSツールを用いたページの編集方法やレイアウト調整、「HTML」「CSS」のコーティングスキル、LP(ランディングページ)・バナー作成といったスキルがあると非常に有利です。

とはいえ、企業によってWebオペレーターの業務の幅は異なるもので、最低限のPCスキルがあれば未経験から転職可能な求人も多く、実際に他業種(未経験)から転職する人もたくさんいます。

 

IT・Web業界でおすすめしたい職種を5選紹介しました。

上記の職種の中でも、見やすく使いやすいサイト制作において欠かせない“フロントエンドエンジニア”と、そのサイトの裏側でシステムを組み込み実装させる“バックエンドエンジニア”は、Web業界の中でも最も需要のあるポジションである為、今転職するなら是非おすすめしたい職種です。

そして、若年層でも実力が認められれば高収入が見込め、キャリアアップにもつながることでより理想的な生活を送ることができるはずです。
特にバックエンドエンジニアは、フロントエンドエンジニアに比べライバルが少ない為、狙い目でもあります。

また、ある程度自分で仕事ができるようになればフリーランスとして独立することができ、働く場所や時間を選ばず自由に仕事を受注することが可能になります。そういった意味でもアフターコロナの今転職するならIT・Web業界がベストだといえます。

今転職するならこの業界!評判の良いおすすめ業種を紹介|まとめ

今回は、今後さらに需要が高まるIT・Web業界について紹介しました。

飲食業界やアミューズメント・レジャー業界からはじまり、多くの経営活動が停止を余儀なくされている一方で、必要が生じている場所には多くの資金が注ぎ込まれています。

転職を考えているものの「コロナが落ち着くまではやめておこう」「面接の中止も相次いで求人も少ないかもしれないから下手に動くのはやめよう」と考える方も居ると思いますが、転職希望者が今できること、それは自身のスキルアップです。
これはアフターコロナに限らず、転職を成功させるうえで重要なことのひとつです。

中でも比較的コロナウイルスの影響が少なく将来性が無限にあるIT・Web業界では人材を必要とし、採用活動を行っている企業は多くあるので、不要不急の外出を避け家にいる時間が多くなったこの期間を有効活用して新しい世界に飛び込んでみましょう!

コロナ終息までまだ先は長いかもしれませんが、希望を捨てずがんばりましょう。
弊社、評判DBも企業の採用・転職に関する情報やサービスを提供しておりますので、お気軽にご利用ください。

閉じる
企業を評価してAmazonギフト券をもらおう!新規会員登録&企業をgood/badで評価すると抽選で200名様に5,000円分のAmazonギフト券プレゼント!