1. ホーム
  2. コラム
  3. コロナ禍による働き方の変化とは?企業は何を準備し、働き手は何を準備しなければならないのか。

コロナ禍による働き方の変化とは?企業は何を準備し、働き手は何を準備しなければならないのか。

中途新卒転職

2020.05.14

コロナの影響で変化する世界

昨今世界的に最も注目されているワードである「コロナウイルス」ですが
これまでも世界は変化を求められるような様々な事象に遭遇してきました。
時に感染症や世界恐慌が起こり、経済が低迷する国や地域があったり、
世界のビジネスモデルを変化させるようなパソコンやiPhoneなどの画期的な発明が生まれたり、すべての変化や進化には必ずきっかけとなる事象が存在しています。
等しく働き方や企業にも影響が及びます。iPhoneの普及とともに成長市場となったIT業界が良い例ですね。

今直面している変化と働く世界の対応

では、今世界を脅かしているコロナウイルスは世界をどう変化させ、働く環境をどのように変えているのでしょうか。
大きくわけて「キャッシュレス化」「物品のネット内流通」「リモートワーク化」が
現在見られている変化ですが、全ての項目で関係していることが「IT化」です。

全世界的にも印象の深い惨事となったコロナウイルスはこれまでにない世界恐慌として歴史的にも語り継がれていくことでしょう。しかし、今まで進まなかった企業や医療機関でのリモートワークの導入や、物品のネット内への流通、現金を使わない購買手法の導入などの進化を促進されたこともまた事実です。

コロナの影響で変化した働き方

働き方の変化に焦点をあててみます。「一つの場所に人を集めず仕事をする」ことを実現する必要があった社会は、リモートワークの導入に着手しました。
「どこにいても働くことができる」リモートワークにはネットワークを利用できる環境の整備やPC本体の所有、企業の情報を共有するフォルダのリモート接続の実現など整えるべき環境は多々あります。

その他にもリモートワークだけでなく、職員が一気に集まらないようにする交代制を導入したりする企業もあるようです。
直近ではTwitter社が「会社に集まらなくても仕事ができることが証明された」として永久在宅勤務を検討しているようです。

アフターコロナ…どんな企業が生き残っていくのか

この歴史的惨事とともに起こった変化に適応できる企業や人々が今後生き残っていくことのできる存在となることでしょう。
例えば、今まで名前も知らなかったようなお取り寄せ専門店が売り上げを倍以上に伸ばしていたり、日用品や食品を届ける配送業者やリモートワーク用のPC機器の企業が売り上げを伸ばしているなか、今まで不動の存在であったテーマパークや映画館などの娯楽施設や、これから急成長が見込まれていた観光業、ホテル業などは一転窮地に立たされています。

コロナ禍による働き方の変化とは?まとめ

変化といえど、企業の業態も規模も様々であり、変化の方法も様々です。
そんな変化に柔軟に対応できる人材が今後も必要となります。自分が生きている業界が
生き残るためには何が必要なのか、これから何が必要とされるのか敏感に情報を察知していかなければなりません。

就職を控えている新社会人や再就職者も同じくこれから起こる未来を考えられている人間ほど優位であり、新たな急成長をとげる業界へと身をおくことができるチャンスが広がるのです。

評判DBでは、現在4万社以上の企業を紹介しています。
今いる場所での変化を考えるもよし、求められる変化がある場所へ移るもよし。
世分の選択次第です。
少しでも変化を理解し、適応することができれば行動が変わり未来も変わります。
ピンチをチャンスととらえ頑張りましょう!

閉じる
企業を評価してAmazonギフト券をもらおう!新規会員登録&企業をgood/badで評価すると抽選で200名様に5,000円分のAmazonギフト券プレゼント!