1. ホーム
  2. コラム
  3. 転職理由はネガティブよりポジティブが吉!面接担当者に好印象を与えるポイントとは?

転職理由はネガティブよりポジティブが吉!面接担当者に好印象を与えるポイントとは?

中途転職

2020.03.30

転職面接で必ずと言っていいほど聞かれる質問のひとつに「転職理由」があります。
この転職理由の答えを事前に準備せず面接に臨めば、時にネガティブな悪い印象を与えてしまい合否に大きく影響が出てしまいます。

転職の理由は仕事内容への不満、上司・同僚との人間関係、残業や給与といった労働環境など様々ありますが、本当の理由は伝えにくいもの。それに、そのまま伝えてもマイナスな印象を与えかねません。
大切なのはネガティブな「退職理由」をポジティブな「転職理由」へと印象を変え伝える事ができるかということです。
では、どういった伝え方をすればネガティブな印象にならず”ポジティブな印象”を与えられるのでしょうか?

今回は中途採用者へ向けて、好印象で選考を突破できる転職理由の正しい回答方法をご紹介しますので参考にしてみてください。

転職理由を聞く目的とは?

面接担当者が転職理由を聞く目的とは、仕事についての考えや働き方を知ることで企業と応募者のミスマッチを防ぐためです。

企業側は内定を出す応募者に長く勤めてもらいたいと考えているので『すぐに辞めてしまうのではないか』と感じさせてはいけませんよね。
なので、転職理由を答える際はその意図を理解したうえで答えることが重要になります。

さっそく、転職理由を聞く主な目的を2つご紹介します。

退職理由を知ることで入社後、同じ理由で退職しないかを確かめている

転職理由を聞く目的としてまずは、退職理由が知りたいということがあります。
短い期間で転職を繰り返している希望者であれば「長期間働けない理由は何になるのか」を聞きたいし、逆に同じ職場に長期間勤めていた希望者であれば「なぜ退職をしたのか」を聞いています。

退職理由を聞くことで自社では長く勤めてもらえるか?すぐ退職しないか?を見極めています。

ここでもう一つ見えてくるのが、就労の希望条件を知れるということです。
これは、前職での不満要素を知ることで給与面はもちろんのこと、休日日数や残業量について企業側も検討をする必要が出てくるためです。

会社や周囲のせいにする「他責思考」な人間かどうかを知りたい、人柄を知りたい

転職理由を聞くとある程度、その人の人柄が見えてきます。そうしてメンタル面や意欲など、企業が求めている人物像とマッチしているのかを確認しています。

そこで採用したくない人物像の中で最も多いのが『他責思考が強いタイプ』。

どんなに良い職場環境でも、気の合わない上司や同僚は居るものですが他責思考が強いタイプは「他人が悪い、自分は悪くない」と思っている為、人間関係のトラブルが発生するリスクが高いと判断されます。

また、転職の理由として「周囲や会社、環境のせい」といったネガティブな回答の場合、入社後も同様ですぐに辞めてしまうのではないかと考えます。

転職理由はポジティブ且つ志望動機に繋げることが重要

【転職理由=志望動機】

このように、単なるポジティブな転職理由に留めることなく”その企業への志望動機に繋げること”が重要になります。
この一貫した流れを作ることで、面接担当者を「なるほど」と納得させることができます。
また、前向きな転職活動であることや入社したい意欲についてもしっかり伝えることができます。

逆に転職理由と志望動機に矛盾がある場合や、薄い繋がりだったとすれば「単に条件が合うだけでうちの会社を応募したのでは?」「そもそもうちである必要はないのでは?」などというマイナスな印象を与えてしまうので注意しましょう。

転職理由で嘘は厳禁!

少しの嘘ならバレないと思って、本音を隠してしまう応募者は多く居ると思いますが…
面接担当者はこれまで何人もの面接を行っているもの。表情や語尾から「嘘をついているな?」「本音ではないな」とすぐに見破られてしまいます。(ネガティブな印象を挽回させるのは至難の業・・・)

また、面接で答えにくい質問をされた時に嘘を並べる応募者の多くは、”不自然な力説”をしたり“急に話のテンポが悪くなる”などの傾向が見られるといいます。
一度付いた嘘はこの先ずっと取り消すことができません、ほとんどの場合発覚した時点で見送りになってしまうでしょう。

たとえ嘘でうまく乗り切り、採用されたとしても入社後面接時に付いた嘘が原因でトラブルになる場合もあり得ます。
例えば、年齢や学歴の詐称、長期間の休職があったことや解雇されていた事実を隠していたなどが発覚すると内定の取り消しや、経歴詐称として懲戒解雇の処分を受けるケースもあります。

このように、「どうせバレないし、都合のいいように退職理由を変えちゃおう」と安易に嘘を付くことで、後々トラブルになる可能性があるので正直に答えた方がいいでしょう。

むしろ、ポジティブに正直に答えようとするその姿勢が好印象を与える

採用担当者曰く、言いづらい内容でもポジティブに正直に話そうとする応募者の姿勢は好印象に見えると言います。
先ほど説明した「嘘は厳禁!」の反対で、「正直に話そうとする姿勢」は面接担当者に伝わります。

例えば、前職の給与が低いことが原因で高収入が見込める企業へ面接に行くとした場合、「前職では毎日残業しなければ生活が成り立たない程の低給与で自ら残業の多い現場に回してもらっていたため、日々の残業で身体がいつまでもつか不安でした」
といったように、無理に取り繕わない素直な応募者の姿勢が好印象を与えるのです。

転職理由はネガティブからポジティブな回答へ切り替えよう

ここで間違ってはいけないことは”ネガティブな事実を無理矢理ポジティブに変えようとすること”です。
一見、ネガティブに思われる転職理由ですが、その裏側を読み取ればポジティブな理由が隠れているもの。
さっそく、退職理由に多い例を3つ挙げていきます。

  • 仕事内容への不満→自分の希望に合う活躍の場を見つけたい
  • 上司、同僚との人間関係→周りと協調しながら大きな目標に取り組みたい
  • 仕事忙しい、残業が多い、給料が安い→自分の力が発揮できる場で正当な評価を受けたい

きっと多くの人は『やりがいを感じられる仕事に取り組み、自分の努力が正当に評価される環境の元働きたい』と考えていると思います。
「ネガティブな理由で退職したい」というのはつまり、「ポジティブな自分になる為に、ネガティブな現状を打破したい!!」と解釈できるのでまずはそこに気付くことから初めてみましょう。

また、ネガティブなのは退職理由であって「転職理由」ではありません。

【退職理由➡転職で実現したいこと(転職理由)】

このように、今後実現したいことが具体的に何なのか、応募企業では叶えられるのか?等を整理した回答を考えておくのが面接突破への近道です。

転職理由はネガティブよりポジティブな回答が好印象を与える!

今回は、ネガティブな転職理由の正しい回答方法や面接担当者に好印象を与えるポイントをまとめてみました。

「あなたはなぜ転職したいのですか?」という質問に対しての正しい答えは”正直に答えること”です。
心から湧き出るあなたの『本音』は相手の心に響きやすく、ポジティブな好印象を与えてくれます。
ここで大事なのは、単純に本音を言えばいいという訳ではなく、ネガティブな退職理由をポジティブな転職理由に変換したうえで志望動機へと繋げ、あなたの前向きさをアピールすることです!

ただ、転職は面接に受かることがゴールではなく、入社してからがはじまりです。
転職理由を聞かれた際、正直に自分を表現できるあなたの姿勢を見てきちんと評価してくれる会社を選ぶことが最も重要なことなのではないかと私は思います。

評判DBではネット上にある企業の口コミ、評判を収集しています。転職先、就職先の企業調べにぜひご活用ください。

閉じる
企業を評価してAmazonギフト券をもらおう!新規会員登録&企業をgood/badで評価すると抽選で200名様に5,000円分のAmazonギフト券プレゼント!