1. ホーム
  2. コラム
  3. 会社説明会や座談会での質問は、積極的にできると吉

会社説明会や座談会での質問は、積極的にできると吉

会社説明会新卒面接

2020.03.30

会社説明会や座談会へ足を運んだ際現役で働く社員に、学生が質問をできる場が設けられます。
面接の際にも就活生より企業側への逆質問の場が設けられることもありますが、なかなか深いところまで掘り下げて聞くことのできる就活生は少ないでしょう。
そこで、会社説明会や座談会での質問の場を就職活動に大きく活用することが望ましいとされます。

質問の場では、実際に働いている現役の社員から社内の雰囲気や詳しい業務内容を聞くことができるため、より企業の情報を知れるチャンスとなります。
企業によっては実際に社内へ招いて開催する場合もあるため、積極的に足を運ぶことで自分なりに社内の雰囲気を掴むこともできます。

会社説明会とは?

会社説明会とは、企業が就活生向けに開催しているイベントのことを表します。ここでは企業理念や事業内容、教育体制やキャリア制度、福利厚生などの説明が行われます。
そして、会社説明がメインとなるイベントのため、質問の場は会社説明会の後で行うことが一般的です。
ただし、非常に限られた時間であるため、多数の参加者の中から挙手制で選ばれた数名しか質問できない場合がほとんどです。
回答者は、主に企業の代表者や人事部などが進行・参加していることが多く、質問内容はというと、主に事業内容や取り扱っている商品、サービスについて質問する就活生が多く見受けられます。

座談会とは?

座談会とは、就活生が現役社員へ直接質問することができるイベントのことを言います。
主に会社説明会などの後に設けられる場合が多く、企業によっては会社説明会とは別の日に設定する場合もあります。

また、座談会は社員と就活生の距離が近く和気あいあいとした雰囲気で進行していく傾向にあります。
会社説明会とは違い、企業に存在する複数の部署の代表者が多数参加する場合が多いため、気になっている部署に所属している社員へ詳しい業務内容、社内・部署内の雰囲気、1日の働き方などを聞くことができます。

会社説明会や座談会に行く前は、事前に質問の準備をしよう

会社説明会や座談会では、参加する前に予め質問の準備をしておくことが大切です。
そのために、企業研究や業界に関する研究は欠かせません。
会社概要はもちろんのこと、業界における専門用語や業務内容などは基礎知識として抑えておくことで、より相互理解が深められます。

企業研究を怠ると大変なことに?!

企業研究を怠ると的外れな質問をしてしまう場合や企業に対して失礼と思われる質問をしてしまうことも考えられます。
企業側と就活生との間に業界知識に関する差があることは企業側も理解しています。しかし、企業研究をしっかり行った上で質問を行う方が企業に対する理解を深めやすくなるだけでなく、企業に対するアピールに繋がるかもしれません。
では、いくつか失礼にあたるかもしれない質問例を挙げてみましょう。

  • すでに海外進出している企業に海外新出するか否かの質問をする
  • ターゲット層が絞られている商品に対して再度ターゲット層を質問してしまう
  • 説明会で話された内容やホームページを見ればわかる内容に関する質問してしまう
  • 残業やノルマ、離職率など企業側が答えにくい質問をしてしまう

また、言い回しによっては誤解を与え、失礼が生じる場合もあるためその点も細心の注意を払う必要があります。
企業の情報を知ることのできるチャンスの場で、質問をしないままで終わることのないようにしっかり準備をしておくことが大切です。

就活の軸を明確にしておこう

就職活動における軸とは、企業選びや職業・業界を選ぶにあたり自分なりに設定している基準のことです。
企業に対して名前やイメージだけが先行している場合もあるためしっかりと軸と照らし合わせた質問内容を考えられると良いかと思います。
これは、入社後の大きなギャップを少なくするためです。質問できる場で確認しておきたいところを明確にすれば、今後選考に進む際に、思い切って臨むことが出来るでしょう。

例えば、長く働ける職場を希望している場合は離職率やどのくらいの年齢層の方がどのような働き方をしているかなど質問してみると働いてからのイメージも沸きやすくなるかと思います。
また、入社後に身に着けたいと思っているスキルが明確となっている、その業界の第一線で働く人に憧れているなど何らかのビジョンがある場合は、研修制度の詳しい内容やキャリアアップするまでどのようなステップを踏んでいるかなども質問する良いでしょう。

【例文あり】会社説明会や座談会では、実際にどのような質問をするの?

では、実際にどのような質問をすることが一般的と言われるのでしょうか。
例をあげていきます。

  • 職場の雰囲気に関する質問
    例)御社で働いている方はどのような性格の方が多いのでしょうか?
    ○○職を希望しているのですが、雰囲気などを教えて頂きたいです
    産後、復帰されて活躍されている方はどのくらいいらっしゃいますか?
  • 採用に関する質問 企業の求める人材
    例)今年度の採用において御社が求める人物像はどのような方でしょうか?
    御社で活躍されている方に共通すると感じる能力や性格などを教えてください。
  • 業務に関する質問
    例)大変だったことややりがいに繋がったことなど教えて頂きたいです
    入社前と入社後で印象が変わった点はありますでしょうか?
    ○○職で大変だった1日のスケジュールを教えてください。
  • 会社に関する質問
    例)御社の強みや他社と比べて売りにしていることは何ですか?
    御社で今後取り組んでいきたいと考えていることなど教えてください。
    ○○の資格を取得するまでどのくらいの期間を有したか教えてください。
    女性の管理職の方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか。

質問は積極的に!チャンスとして活かそう

企業の中には、会社説明会のみの開催で座談会を行わない場合もあるため、質問内容は企業のスケジュールを確認しながらその都度活かしていきましょう。
ただし、他の就活生から質問された内容と被る内容の質問は避けるように気を付けてください。

会社説明会や座談会での質問は、参加している就活生みんなの役に立つもの。
他の就活生からの質問を聞いて参考になることもありますし、その逆の場合もあります。
企業の情報を知ることのできるチャンスだからこそ、準備をしっかりとして就職活動に挑んでいきたいですね。

評判DBでは質の高い企業の情報を揃え、あなたの転職活動が成功するようこれからもサポートを続けていきたいと思います。
会社説明会や座談会で質問をする際の情報収集の際にもお役立てくださいませ。

閉じる
企業を評価してAmazonギフト券をもらおう!新規会員登録&企業をgood/badで評価すると抽選で200名様に5,000円分のAmazonギフト券プレゼント!