1. ホーム
  2. コラム
  3. 就活に活かす合同説明会のマナー、上手な歩き方を紹介

就活に活かす合同説明会のマナー、上手な歩き方を紹介

会社説明会新卒面接

2020.03.30

学生の就職活動が解禁されると多くの企業が会社説明会をおこなうようになりますが、同時にいろんな企業が参加する合同説明会も開催されるようになります。

就職活動を経験した人の中には、合同説明会には参加せず企業が単独でおこなう会社説明会だけ行ったという人が多く見受けられますが、これは非常にもったいないことです。
そこで今日は、合同説明会のメリットや、合同説明会を就活にうまく活かす上手な歩き方、マナーについてご紹介します。

合同説明会とは?

まず初めに、合同説明会とは何か?ということについてお話しします。
合同説明会とは、その名の通りさまざまな企業が集まって合同でおこなう説明会のこと。
合同説明会の主催者は、就活情報サイトを運営する企業や大学内、地方自治体など、色々なパターンがあります。
また、単に集まった企業が説明会をおこなうだけではなく、就活で必要なノウハウを教えてくれるブースや、セミナー、就職の悩みを聞くカウンセリングコーナーなどもあります。

合同説明会に行くメリット

では、実際に合同説明会に行くメリットは何でしょうか。
ここでは合同説明会に行くメリットについて3つご紹介します。

合同説明会に行くメリット1 一度に複数の企業から話が聞ける

企業単独の説明会ではその企業のみの説明会ですが、合同説明会ではさまざまな企業の説明会に一度に参加することができるメリットがあります。
しかし、関心のある企業がたくさんある場合、単独の企業説明会では興味のある企業の説明会の時間が重なってしまう、かなりの日数を企業説明会に費やさなければいけないといったデメリットもありますが、合同説明会の場合は一度にたくさんの企業の話を聞けるので有意義に時間を使えます。

合同説明会に行くメリット2 就活に役立つ情報が得られる

合同説明会では、企業の説明会の他に主催者側で就活に役立つセミナーやエントリーシートの書き方、面接の受け方などを教えてくれるコーナーなど、就活をおこなう人達の役に立つ企画イベントもおこなっています。
単独の企業説明会では得られない貴重な情報ばかりですので、合同説明会へ参加することはおすすめです。

合同説明会に行くメリット3 新たな志望先の発見につながる

合同説明会では、自分が特に関心を持っていなかった企業の話を聞く機会もありますよね。合同説明会に参加することで自分の視野が広がり、参加前よりも志望する企業が増えるなど、選択の幅が広がるメリットが合同説明会にはあります。

合同説明会で守りたい5つのマナー

合同説明会でのマナーは第一印象にかかわり内定にも大きく影響するとても重要な事柄です。
また、合同説明会に大勢いるライバル達とも”身だしなみ一つ”で差をつけることができます。
初対面で良い印象を与えるために、マナーについてしっかり勉強しておきましょう。

コートを脱ぐタイミングと持ち方

コートを脱ぐタイミングと持ち方のマナーは最も大切かもしれません。
合同説明会に到着したらコートは必ず脱いで入場しましょう。
これは合同説明会に限らず、面接においても基本となるマナーです。

そしてコートの持ち方ですが、脱いだコートの袖が外に出ないように注意してください。
一度裏返し、二つ折りの状態で腕にかけて持つとスムーズでしょう。

身だしなみチェック

身だしなみを整えておくことも基本のマナーです。
人の印象というものは、視覚に大きく影響します。
サイズの合うスーツ、シワのないシャツ、綺麗な靴、男女ともにスッキリとした髪型など清潔感のある身だしなみを意識しましょう。

挨拶は元気よく

社会人のマナーとして元気な挨拶は基本中の基本です。
合同説明会で会う企業担当者、関係者全てに元気よく挨拶してください。

本番だと緊張して出てこないこともあるので、日頃から元気な挨拶をすることを心掛けておく事で無意識でもできるようになるでしょう。

スマホの電源はマナーモードに設定しておく

これは当たり前なマナーかもしれませんが、普段からマナーモードにしなければならない公共の場所でも、ついついマナーモードにし忘れてしまう事ってありますよね。
合同説明会も同様で、説明会の最中にアラームや着信音がならないよう会場に着いたら念のためマナーモードになっているか確認しておきましょう。
マナーモードでも心配な方は電源を切っておくと安心ですね。

荷物は椅子の下におく

説明会が始まれば、カバンは床に置くことになります。その際には椅子の下に入れておくと良いでしょう。
合同説明会では企業ブースが狭いことが多く、椅子の横にカバンが置いてあると隣の方にも迷惑がかかり、故意でなくとも蹴られてしまう可能性もあるので下に入れておくのがマナーといえます。

合同説明会で差のつくおすすめの歩き方

合同説明会を効果的に利用する方法は、参加時期によっても異なります。
ここでは就活スタート期と3月後半以降に合同説明会した場合のおすすめの歩き方をご紹介します。

就活スタート期に参加した合同説明会の場合

就活スタート期は、まだ具体的な志望企業が決まっていないことが多い時期です。
この時期は自分の興味関心のある分野に限らずとにかくいろんな企業の説明会に参加することがおすすめです。
さまざまな業界の企業に触れることで業界研究の一環となったり、今まで知らなかった企業の魅力を知るなど、志望動機や志望企業の選択の幅を増やす手助けになります。
たとえば、志望する業界ではなくても名の知れた企業であったり、席が空いている企業のブースに話を聞くなど、積極的に合同説明会を利用しましょう。
今まで興味がないと思っていた業界の企業を知ることが、後々の就職活動の成功につながる可能性もあります。

3月後半以降に参加した合同説明会の場合

3月後半におこなわれる説明会では、就活スタート期よりも深く業界や企業のことに踏み込んだ内容を聞くことができます。
そのため、業界についてより深く知ることができ、他の就活生に志望動機で差をつけることができます。

また、就活後半の時期になると説明会の後に会場でそのまま面接を受けられるものも増えてくるので、説明会から選考、内定までの期間をグッと短縮することができます。
就職活動をずっと続けてきてなかなか内定がとれない場合、思い切って合同説明会で今までと全く違う業界の企業の説明会兼面接を試してみるという手もあります。
今まで就活でなかなか次の選考に進めなかったのに合同説明会でエントリーしてみたらとんとん拍子に内定が決まったという人も少なくありません。

合同説明会に行く場合の服装や持ち物は?

合同説明会の案内などを見ていると、「服装自由」と書かれている合同説明会が中にはあります。
でも、合同での就活イベントと、仮にも企業説明会の場で服装自由と言われると、ちょっと戸惑ってしまいますよね。
それに、いくら服装自由と書いてあるからといって「Tシャツにジーパン」「ミニスカート」「サンダル」「リュック」などの華美な服装やカジュアルすぎる服装は合同説明会の場ではNGです。

ではどんな格好がよいのかというと、おすすめなのは、いわゆる「オフィスカジュアル」と言われる服装です。
ブラウスやシャツにカーディガンやジャケットを羽織るような落ち着いた服装は、華美すぎず誠実で清潔感のある印象を相手に与えます。
とはいえ、就職活動の際に見につけるリクルートスーツを着る人がほとんどですので、基本的にはリクルートスーツで行くのが無難だと思われます。

また、合同説明会ではその場で次の面接の日程を消える場合があるかもしれませんので、持ち物として筆記用具に加えスケジュール帳も持っておくと良いでしょう。

合同説明会は行かなきゃ損!まずはいろんな企業の話を聞いてみよう

今回は合同説明会でのマナーやメリット、上手な歩き方についてお話ししてきました。
さまざまな企業が集まる合同説明会では、自分の狙っている業界の企業の他、今まで知らなかった企業など、実にたくさんの企業について深く知る良い機会になります。
また、就活情報や就活のコツなど就職活動に役立つことを知るチャンスなので、行かないのは損です。
ぜひ就職活動をスタートしたら、まずは合同企業説明会に行ってみてください。

評判DBでは質の高い企業の情報を揃え、あなたの転職活動が成功するようこれからもサポートを続けて参ります。

閉じる