1. ホーム
  2. コラム
  3. 評判DB新サービス!「経常利益順ランキング」の紹介と賞与について

評判DB新サービス!「経常利益順ランキング」の紹介と賞与について

経常利益順ランキング

2021.06.02

いつも評判DBをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

この度評判DBでは、東洋経済新報社 2019年度会社四季報の調査を元に、評判DB掲載企業の経常利益をランキング順にまとめました。

評判DB_経常利益順ランキング

東洋経済新報社 2019年度会社四季報より参照

経常利益の基礎知識

経常利益とは企業が行う事業(本業)で得た利益を示しています。

企業では、本業と本業以外の財務活動などによる損益を分けて計算しており、本業で得た儲けを「営業利益」、それ以外を「営業外利益」としています。

そのため、経常利益を見ればその企業の経営成績が把握しやすいとされ、企業が毎年どれくらい稼げるかを示す大事な指標のひとつになります。

経常利益順ランキング…1位は「トヨタ自動車」2兆3200億円


評判DB公式:自動車、自動車部品、輸送機器業界「トヨタ自動車株式会社」

経常利益順ランキング第1位は、従業員数でもトップの世界的自動車メーカー「トヨタ自動車」となりました。
トヨタ自動車の経常利益は2兆320億円。

自動車業界ではトヨタ自動車に続いて2位「マツダ(523億2400万円)」、3位「ユー・エス・エス(255億4300万円)」、4位「ATグループ(80億1000万円)」、5位「大阪トヨペット(70億5700万円)」というランキング結果となっています。

経常利益順ランキング…2位は「ソフトバンクグループ」1兆4100億円


評判DB公式:通信、ISP、データセンター「ソフトバンクグループ株式会社」

経常利益順ランキング第2位は、携帯電話などの無線通信サービスを主軸とする大手通信会社「ソフトバンクグループ」となりました。
ソフトバンクグループの経常利益は1兆410億円。

通信業界ではソフトバンクグループに続いて2位「日本電信電話(8545億6100万円)」、3位「東日本電信電話(1625億1600万円)」、4位「西日本電信電話(770億2500万円)」、5位「NECネッツエスアイ(88億8500万円)」というランキング結果となっております。

経常利益順ランキング…3位は「三菱UFJフィナンシャル・グループ」8726億8900万円


評判DB公式:銀行(都市・信託・政府系)、信金「株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ」

経常利益順ランキング第3位は、日本の三大メガバンクである「三菱UFJフィナンシャル・グループ」となりました。
三菱UFJフィナンシャル・グループの経常利益は8726億9800万円。

銀行業界では続いて2位「三井住友フィナンシャルグループ(7266億8100万円)」、3位「三井住友銀行(6689億7600万円)」、4位「三菱UFJ銀行(6124億3700万円)」、5位「ゆうちょ銀行(3742億9900万円)」というランキング結果となっております。

経常利益順ランキング…4位は「日本電信電話(NTT)」8545億6100万円


評判DB公式:通信、ISP、データセンター「日本電信電話株式会社」

常利益順ランキング第4位は、通信業界最大手であり従業員数も第2位にランクインしている「日本電信電話(NTT)」となりました。
経常利益は8545億6100万円。

経常利益順ランキング…5位は「三井住友フィナンシャルグループ」7266億8100万円

評判DB公式:銀行(都市・信託・政府系)、信金「三井住友フィナンシャルグループ」

常利益順ランキング第5位は、三井住友銀行やSMBC信託銀行などを傘下に置く金融持株会社「三井住友フィナンシャルグループ」となりました。
経常利益は7266億8100万円。

経常利益と賞与(ボーナス)の関係

従来では、従業員の賞与額を決める際「基本給×○カ月」として支給額を決める「給与連動型賞与」が一般的だったと思います。
一方で、現在では会社の業績(経常利益)に応じて賞与額を決める「業績連動型賞与」が主流となりつつあります。

業績連動型賞与は、企業や従業員個人の成果に応じて賞与額を算出しているため、成果主義型の賞与体系として多くの企業が導入しています。

労務行政研究所「東証第1部上場企業の2020年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査」

上場企業の2020年度の平均賞与額を見てみると、経常利益ランキングでもトップの自動車業界が約90万843円、次いで「ガラス・土石」が88万1745円。また、非製造業の「情報・通信」は対前年同期比0.1%減少しているものの、85万2833円と高い水準をキープしていることが分かりました。

2021年度の夏の賞与でもコロナウイルスによる影響は防ぎにくいとは思いますが、在宅勤務などによって食品や電力、紙パルプといった分野の需要は今後も増加傾向にあるので、業績は維持していくと考えられます。

【企業担当者】経常利益を入力することで正確な順位が反映される

評判DBで企業管理者登録(無料)をしている企業担当者の方は、「情報公開/活動報告・編集」の企業情報(詳細)の項目で経常利益の設定をしていただくことで、経常利益順ランキングで検索された際に正しい順位が反映されます。

平均年収が設定されていない場合、経常利益順ランキングで検索された際に「未設定」ということでランキング下位にまとめられてしまいます。
一般ユーザーの方の目に留まりやすいという意味でも、より詳細な情報を設定して頂くことをおすすめします。

正しい情報をなるべく多く発信することで、企業の評価もあがり、離職率の低下や求人応募の増加に繋がる可能性も高くなります。
その為のツールとして、評判DBをご活用いただければと思っております。

ご不明点、ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。
「よくあるご質問」はこちら

閉じる